グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  外壁調査・診断

外壁調査・診断


外壁調査・診断

外壁調査、診断、点検、赤外線調査の建物診断は「実績」と「信頼」の弊社へにお任せください。

建築基準法第12条の改正点

タイルやモルタルなどの湿式後方による外壁は経年劣化や衝撃、地震等によって躯体から剥がれ、剥離部分が広がると落下事故につながる恐れがあります。建築基準法第12条の改正により、平成20年以降、ビル、マンション等の特定建築物において外壁全面診断が必要となりました。(旧:特殊建築物等定期調査)

赤外線サーモグラフィーカメラによる調査

高所でも足場やロープブランコ、ゴンドラなしでの外壁の全面点検。低予算、工期短縮による点検が可能です。建築基準法第12条に基づく特定建築物定期調査における外壁全面調査報告にも対応いたします。 ※ 国土交通省告示第282号において、国土交通省住宅局建築指導課 監修による「特殊建築物等定期調査業務基準」において、全面打診等調査として赤外線カメラによる診断も認められています。

ゴンドラや仮設足場、高所作業車の使用による外壁全面打診調査

高所作業車・ロープブランコ・ゴンドラ・足場設置による全面打診調査のご要望にもお応えいたします。4階建程度の建物であれば、高所作業車使用の外壁打診調査が工期短縮、安価でお勧めです。
※ 建物の立地条件を考慮し最も安価な方法をご提案いたします。

各調査方法におけるメリットデメリット

調査方法 高所作業車 ロープゴンドラ 足場設置 赤外線カメラ 赤外線カメラ搭載ドローン
費用 × ×
精度
工期 2〜5日程度 1週間程度 1週間から2ヶ月程度 1〜2日程度
※ 気象条件により差異あり
1〜2日程度
※ 気象条件により差異あり

赤外線建物外壁診断について

建物外壁仕上げ面が太陽の日射や気温の変化を受けると、􏰀外壁タイ ルやモルタル仕上げ等􏰀浮き部と健全部􏰀熱伝導􏰀相違によって生じる表面􏰀温度差を赤外線サーモ グラフィ装置によって測定し、得られた表面温度分布から浮き部を検出する方法です。
建物外壁は温度変化や風雨などにさらされ経年劣化します。膨張、伸縮の比率は物質(外壁材)ごとに異な り、この膨張伸縮の程度の違う2つの物質の境界線において剥がれてしまうことが多いといわれていま す。まず「伸縮差」→「浮き」→「浮きの進行によるひび割れ」→「割れ」→「剥落」の状態になります。

外壁剥離イラスト

外壁の温度分布は物質(外壁材)ごとに異なる熱伝導率で表されます。空気は「熱伝導率が低い」建物外壁をつくっているコンクリートやモルタルの「熱伝導率は空 気よりも大きい」熱を伝えやすいといえます。外壁面に「浮き」があった場合、その裏側は空気の層にな っていますが、一方「浮き」のない「健全部」の裏側は、下地であるコンクリートやモルタルとなって いるので、先に述べた熱伝導率の違いから、「浮き部」が変温部として検出されるのです。また、「浮き 部」は時間帯(外気の温度変化)によって「健全部」よりも高温であったり、逆に低温であったり変化 します。

赤外線

目視、打診、水掛試験、赤外線建物診断を組み合わせることで、精度􏰀高い診断により報告が可能です。

外壁内の空壁例

空壁赤外線画像

外壁内への水分の侵入例

外壁温度分布

上記写真(右)赤外線サーモグラフィ撮影画像。白丸で囲んだ部位が青色で表示され、他の部位に比べ温度が低いことが、判定できます。
外壁内に水か侵入していると考えられます。
※注意点:円形部、凸凹や撮影角度により変温表示がされる場合があります。

外壁調査・診断の流れ

手順1事前調査・お見積もり
お客様から外壁調査・診断の調査目的、お見積もり依頼、ご予算などを受け、調査建物の形状や近隣の建物やロープブランコ、ゴンドラ、足場設置場所など事前調査を行いお見積もりさせていただきます。
手順2現地調査
全面赤外線調査、外観目視調査、ロープブランコ、打診調査などを最短の工期でおこないます。天候条件により調査日を変更する場合がございますが、概ね3日〜5日程度で調査は終了いたします。
手順3画像解析・診断
プロ技術者により赤外線画像、通常画像など解析を行います。打診調査併用の場合は合わせて診断・解析いたします。
手順4診断報告書作成
調査概要書、壁図面上劣化部記録、写真台帳、劣化数量など作成。調査終了後1週間程度のお時間を要します。
手順5成果品お渡し
診断報告書(写真台帳含む)提出いたします。製本版、データ(DVD)などをお客様にお渡しいたします。※ 建築基準法第12条に基づく特定建築物定期調査報告対応をご希望のお客様は事前にお知らせください。ご対応いたします。

赤外線サーモグラフィー調査機材

ドローン調査

産業用ドローン:MATRICE 210 RTK V2 + D-RTK V2 Combo(JP)
赤外線カメラ:ZENMUSE XT2 ZXT2A13FR
空撮カメラ:ZENMUSE Z30


ドローン空撮

4Kカメラ搭載ドローン:DJI社製 Phantom 4 Pro V2.0
ビットレート:100Mbps
フレーム:4K/60fps
カラープロファイル:D-Log
ライブ配信:最大8 kmの距離で1080pのライブ配信が可能


赤外線カメラ

赤外線カメラ:プロフェッショナルサーモグラフィカメラ FLIR社製 FLIR T540, 24°
温度分解能_NETD:<40 mK、24° @ +30℃
対象物温度範囲:-20℃~120℃  0℃~650℃ オプション較正:300℃~1200℃
レーザーポインター:クラス2、0.05~40 m 測定距離の±1%

調査・監修員資格

1級建築士
2級建築士
不動産鑑定士
1級建築施工管理技士
JUIDA 無人航空機安全運航管理者
赤外線建物診断技能士

お問い合わせ