グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  外壁調査・診断 >  外壁ドローン調査

外壁ドローン調査


外壁調査はドローン活用の時代に

赤外線ドローン点検とは、主にビル・マンション・住宅の公共建造物などで使用される非破壊検査で、正常箇所と異常箇所との間に発生する温度をサーモグラフィーカメラを利用した診断です。

近年では、赤外線カメラ搭載のドローンを活用した外壁調査が幅広く普及しつつあります。最新式の赤外線サーモグラフィーカメラは年々、精度が飛躍的に進歩しています。また、外壁調査だけではなく公共工事でも問題となっているのが橋梁点検、トンネル内点検の作業に伴う大きな労力やコストです。国土交通省は橋梁点検に関わるコスト削減を効率化するため赤外線による橋梁点検効率化の方針を進めています。

ドローンによる外壁調査のメリット

外壁劣化調査を行うためには、コスト面や安全面など様々な課題がありました。足場設置や高所作業車、ロープゴンドラなど工期、費用面でお客様が躊躇する場合がほとんどです。赤外線カメラて搭載のドローンを活用することでこれまでの今までの課題を解決し、より効率的に行うことができます。

足場やゴンドラ、高所作業車による調査より費用を大幅に削減できます。
ドローン調査は工期短縮と最新AIによる解析で作業員の誤差を軽減します。
地上からの赤外線カメラ調査の場合は角度、距離により誤差が生じますが、ドローンの場合は角度、距離を適切に調整することができます。
打診調査と違い非接触のため、調査中の外壁落下や危険を軽減できます。
なお、画像データを記録・保存できる為、長期的な変化や劣化箇所の追跡が可能になり、修繕補修の予備知識として活用できます。

調査機材

4Kカメラ搭載ドローン:DJI社製 Phantom 4 Pro V2.0
ビットレート:100Mbps
フレーム:4K/60fps
カラープロファイル:D-Log
ライブ配信:最大8 kmの距離で1080pのライブ配信が可能

赤外線カメラ:プロフェッショナルサーモグラフィカメラ FLIR社製 FLIR T540, 24°
温度分解能_NETD:<40 mK、24° @ +30℃
対象物温度範囲:-20℃~120℃  0℃~650℃ オプション較正:300℃~1200℃
レーザーポインター:クラス2、0.05~40 m 測定距離の±1%

※ ご不明な点、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-842-522

お電話での受付時間:平日9:30〜18:00

メールお問い合わせ

メールでの受付時間:24時間 365日