グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  外壁調査・診断 >  赤外線外壁調査、診断

赤外線外壁調査、診断


外壁全面調査報告について

平成20年4月1日より建築基準法12条に基づく定期報告制度が変更になり、 不特定多数の人間の通行する位置に面するタイル・モルタル等の湿式工法の壁面で、竣工または外壁改修などから10年を経過した建物は外壁全面調査が必要となりました。

赤外線 外壁調査

最新の赤外線サーモグラフィカメラを使用して専門技術者が、建物の外壁のタイルやモルタル等から放射されている赤外線(熱エネルギー)を使用し剥離部と健全部の熱伝導率による温度差を計測いたします。専門のシステムで解析する事によって劣化状況を調査します。

赤外線サーモグラフィカメラを使用した外壁調査、診断

従来の外壁調査方法はの打診棒によるタッピングなどで壁面を打診し、熟練者による打音の高低などで外壁浮き部の有無を調査する打診法が一般的です。 赤外線サーモグラフィカメラによる調査なら、調査員による調査精度の誤差がございません。赤外線調査は、建築基準法第12条、特定建築物等定期調査の定期報告にも対応しています。

コストパフォーマンス重視の赤外線調査

特定建築物定期調査報告での外壁調査で建物外壁タイル・コンクリートなどの湿式外壁の浮きやひび割れなどを赤外線サーモカメラで撮影し、解析する赤外線調査(赤外線サーモグラフィ法)です。足場組やゴンドラ設置、高所作業車に要するコストが不要となりますので、調査費用(コスト)を大きく抑えることが可能となります。

立面図報告書

外壁調査の立面図

赤外線サーモグラフィー写真台帳

赤外線報告書

お問い合わせ