グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  外壁調査・診断 >  外壁打診調査

外壁打診調査


特定建築物定期調査の外壁全面打診の義務化について

「落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分」

「不特定又は多数の人が通行する私道、構内通路、広場を有する壁面」

平成20年の改正によってタイル、石貼り等(乾式工法によるものを除く。)、モルタル等の外壁の全面打診調査が義務付けられました。足場設置、ゴンドラ、ロープブランコ、高所作業車等を使用しての外壁全面打診調査外壁をテストハンマーや打診棒などの打診器具で打撃、打撃音の違いにより浮き部などの有無を判断します。ひび割れ・爆裂なども調査いたします。

1.手の届く範囲の打診等により異常が認められた場合
2.竣工、外壁改修等の後10年を超えてから最初の調査である場合
タイル、石貼り等(乾式工法によるものを除く。)、モルタル等

外壁全面打診調査の例外

  • 当該調査の実施後3年以内に外壁改修もしくは全面打診等が行われることが確実である場合
  • 別途歩行者等の安全を確保するための対策を講じられている場合